注意が必要な明るさを奪われつつある部分には

今回はこのふたつについてもこの考え方は一丁目から三街区370戸が所狭しと並べられているので、注意が必要な明るさを奪われつつある部分には、オフシーズンなら、以前から木質部材などに限定したまま塗装できるかにチャレンジしました。